完成すると見えない所

こんにちは!

元引越屋の須藤です。

本日は、現在建築中の

沼目のお家にて現地販売会を

担当しております。

建築途中だからこんな所が見れました。

それが・・・
基礎と柱の間に黒いパーツが

挟まっていますね。

これがパッキン工法と言われている物です。

昔は基礎に通気口が開いていましたが

パッキン工法ではこの黒いパーツの

沢山空いている穴から換気出来るように

出来ています。

そうすると、

床下に手を入れると風を感じるぐらい

通気性能が高いです。

通気性が低いと湿気が溜まって

カビが発生してしまいますからね。

完成すると見えない場所ですが、

通気性の面でも

考えられて造られていると

少しでも知ってもらえたら嬉しいです。

それではまた!