· 

お家探しをするときに・・・2

こんにちは!

元引越屋の須藤です。

先日の

「お家探しをする時に最近になって大事だと気づいたこと」

のつづきをお伝えしたいと思います。

それでは・・・
色々なお家を見てお家について知ることも大事です。

インターネットで沢山の情報を知ることも大事です。

※ただし、誰でも情報の発信が出来るというインターネットの性質上、
溢れるほどある情報の中から正しい情報を探し出すのはとても難しい
と私は思っております。

ですが・・・

最近になってもっと大事だなと気付いたことがあります。

それは、

どんなお家が良いのかと考えるのではなく、

【どんな生活・暮らしをしたいのか】を

具体的にイメージしてお家探してみることです。

例えば、開放感のあるリビングでくつろぎたい。ということは

十分な広さのリビングがあるお家であれば実現できます。

ただ、どのぐらいの広さが欲しいのかを知る為には

実際にお家の見て体感することで知ることができます。

それではさらに、具体的にイメージしてみましょう。

リビングでくつろいでいる時に窓から見える景色は

どの様な景色が好みでしょうか?

たとえば、前には家は無く道路があって陽当たりもよく見晴らしが良い景色でしょうか。

又は、前に家がある。けれどだからこそ通りからの目線が気にならなくて

プライベートな空間として使用できるお庭がある景色でしょうか。

これだけでもイメージに合った物件は限られてきます。

もしかしたら、今出来ている物件にイメージとピッタリな

お家があるかもしれません。

あなたの欲しい暮らし、生活はどのようなイメージでしょうか。

ぜひ、お家探しをする時に一度想像してみてくださいね!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

それではまた!